マウスカーソル マウスカーソル マウスカーソル

えひめ愛フード推進機構


Google
 事業計画
設立趣旨   推進機構について   規約   事業計画   会長挨拶   会員団体紹介

「平成29年度えひめ愛フード推進機構事業計画」

Ⅰ 基本方針
 29年度における県産農林水産物のブランド化や県内外での販売拡大に向けた事業実施にあたっては、重点的に支援する事業及び産品等を具体的に定め効果的・効率的に事業を展開し、「かんきつ王国えひめ」の一層のPRなど、「愛媛ブランドづくり」に努めるとともに、取引が将来に向けて継続的に維持・拡大できるような「売れる仕組みづくり」に取り組み、実需の創出を図る。

【重点項目】
○ 新たなブランド産品を核とした「まるごと愛媛」による県農林水産品の知名度向上
○ 大都市圏でのトップセールスの実施と営業本部の活動と連携した県産農林水産物の販売支援の展開
○ カナダへの県オリジナル品種等(紅まどんな、甘平、せとか)の本格出荷及び、東部トロントでの試食商談会の実施
○ マレーシアを始めとするASEAN諸国への販路拡大の取組みとして、総合的な「愛媛フェア」及び輸出商談会を実施
○ 台湾へのハウスみかん等の輸出
○ 県内レストランシェフ等との交流による「愛」あるブランド産品など県産農林水産物の実需創出
○ 民間企業と連携した国体おもてなし商品の提供・販売

【支援対象産品の重点化】
・温州みかん、いよかん、せとか、紅まどんな、甘平 等[県果樹振興計画における基幹品目]
・愛媛甘とろ豚、ふれあい・媛ポーク、戸島一番ぶり等[「愛」あるブランド産品や県開発産品]
・愛媛クイーンスプラッシュ、愛媛あかね和牛、伊予の媛貴海 等)[直近に認定した産品]
※ 生産者団体や市町が推薦する産品についても柔軟に対応


Ⅱ 事業の概要
1 機構の運営
・総会、幹事会、ブランド認定審査会の開催

2 「愛」あるブランドの認定・PR等
・新規認定候補に対する申請手続支援
・個人購入や贈答用購入等のニーズに対応できるワンストップ窓口の運営
・JR四国との連携協定に伴う、「愛」あるブランド産品のPR・販売拡大
・ホームページでの情報発信、各種メディアを通じたPR、PRグッズの活用
・認定産品の販売状況や課題の把握と専門家による助言・指導

3 販路開拓支援事業
(1)県外:トップセールスの拡充等
○ 大都市圏(首都圏、近畿圏、中部圏及び東北エリア)におけるトップセールス及び愛媛フェアの実施や販売店と連携した共同購入事業の展開(東京、大阪、愛知、宮城 等)
○ 大都市圏(首都圏、近畿圏及び中部圏)における「えひめ食の大使館」認定と実需創出のための情報提供・商談会
○ 大都市圏での販売支援活動の展開
・民間企業と連携した首都圏における「愛媛甘とろ豚」の販路開拓
○ その他
・本県に来訪する有名芸能人等に対して、「愛」あるブランド産品をはじめとする県産食材をプレゼントし、彼らのブログやツイッターなどでの情報発信を行う。

(2)海外へのかんきつ等の輸出促進
○ 台湾への愛媛かんきつ等の輸出促進
・県産かんきつ知名度向上、販路拡大のためのPR活動(トップセールスの実施)
・JAや市町との連携によるかんきつ以外の県産品等の販売支援
○ 香港への愛媛かんきつの輸出促進
・百貨店、現地スーパー等で水産品等と連携したかんきつのPR販売
○ マレーシア百貨店での『愛媛フェア』の開催(国補事業と連携)
・百貨店での県産品のPR販売やASEAN諸国輸出商談会の開催
○ カナダにおける高級かんきつの本格出荷や現地レストランバイヤー向けの試食商談会の実施
○ 新規輸出支援
・UAEへのかんきつ等のテスト販売等
○ 海外版「えひめの食の大使館」認定制度の創設・認定

4 県内:地産地消の推進、特に松山市でのPR及び販路開拓を実施
(1)地産地消意識の向上と実需の創出につなげる取り組み
○ 農業団体と連携したTV番組の放映による「愛」あるブランド産品等のPR
○ 県内レストランシェフ等との交流による愛あるブランド産品など県産農林水産物の実需創出
○ 関係団体と連携した学校給食への「愛」あるブランド産品の提供検討、親子農業体験活動等の実施
○ 観光客等をターゲットにした県産かんきつの消費拡大
○ 県内量販店等に対する、県産農林水産物の取扱拡大を促進

(2)「えひめスイーツプロジェクト」の推進
○ 「えひめスイーツコンテスト2017」の開催
○ 民間企業との連携による「国体お土産スイーツ」としての商品開発
○ 「道後スイーツ物語」の展開
・各種イベントにおける「道後ロール」のPRと道後温泉事務所等との連携検討

(3)地産地消促進のイベント・フェア等の開催や出展・支援等
○ 農林水産関係イベントへの出展、県内開催商談会でのPR
○ 「えひめマルシェ」等の開催

5 その他
(1)農林水産物統一キャッチフレーズを活用した県産農林水産物の知名度向上
・「愛媛産には、愛がある。」のぼりやPRグッズのイベント等での活用
・商品へのキャッチフレーズの使用承認

(2)若い世代の知名度も高い「みきゃん」を活用した「みきゃん段ボール」の活用等により、かんきつ等の消費拡大の支援を行う。

(3)民間企業や市町等との連携・協力
○ 大手ハンバーガーチェーンとの連携による県産食材を使用したメニューの開発・販売[新規]
○ ビールメーカーと連携した県産農林水産物取扱レストランの紹介[新規]