マウスカーソル マウスカーソル マウスカーソル

えひめ愛フード推進機構


Flash
Google

ニュース&トピックス

 

2009年12月14日
愛媛県農林水産研究所育成 さといも新品種「媛かぐや」をご紹介します。
写真(大)
 
 

 

 

写真(小)
 

 「媛(ひめ)かぐや」は、愛媛県農林水産研究所が、「筍芋(京いも)」に「唐芋(えび芋)」を人工交配して育成したさといも新品種です。
 「媛かぐや」という名前は、愛媛で育成した品種であることを表す「媛」という文字に、親の「筍芋」から竹、その竹から生まれた子供「かぐや姫」をイメージして、「かぐや」という文字を組み合わせたもので、一般公募により決定しました。

■特性
 (1) 日本初の人工交配で育成した、さといもの品種
 (2) 「親芋」と「子芋」を食べる筍芋タイプで、11月以降に収穫する晩生品種
 (3) 親芋は、長さが20〜40cm、重さが1〜3kgと大きい。 (栽培方法でサイズ調整可能)
 (4) 肉質は粉質で甘みがある。(寒さにあたると甘味が増す。)
 (5) 芋チップス、アイスクリーム、から揚げなど加工用途に利用できる。
 (6) 芋茎(ずいき)は赤く、食べてもおいしい。