マウスカーソル マウスカーソル マウスカーソル

えひめ愛フード推進機構


Flash
Google

ニュース&トピックス

 

2009年12月18日
見た目は淡い乙女色。でも、幼い感じの見かけと違い、甘いいちごです。
写真(大)
 
 

 

 

写真(小)
 

 イチゴの需要が多くなるクリスマスシーズンを控え、愛媛県の特産品として育成・売出し中のイチゴ「あまおとめ」の出荷も盛んになっています。

 「あまおとめ」は、愛媛県農林水産研究所が「とちおとめ」と「さがほのか」を交配して開発した愛媛オリジナルの新品種。酸味が少なく、とても甘いイチゴです。また、つやつやとした果肉で香りが良く、粒も大きいです。

 しかし、何と言っても一番の特長は、この色、なんとも初々しい感じの色です。淡いきれいな色合いは、時間が経っても黒っぽくならないのでケーキのトッピングやお料理にもピッタリ。ジャムやジュースにしてもきれいなイチゴ色楽しめます。もちろんそのまま食べるのも最高。


写真(小)
 
 同じ条件下で育てた場合、代表的ないちご“おまおう”や“とちおとめ”よりも甘く甘く育ちます。今は、JAひがしうわ(西予市)が県内一の産地になっています。 「あまおとめ」の出荷は、6月下旬頃まで続きます。